女優でもよく食べている黒ゴマで美白

女優は年齢を感じさない美しさをキープすることも人気を得る秘訣です。
実年齢より若く見えると評判の女優たちが、毎日の食事に取り入れているのが、黒ゴマです。
黒ゴマに含まれているゴマリグナンにはメラニン色素の生成を抑制する美白効果があります。
またゴマリグナンは肝臓の活性酸素を除去することで、肝機能を高めています。
さらに女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用ももっています。
コラーゲンやセラミドを増加させて肌の水分量を適切に保つため、黒ゴマを食べると冬でも乾燥に強いプルプルの肌になります。
ビタミンB1も豊富で、糖質をエネルギーに変えるためダイエットにも重要な成分です。
さらに抗酸化作用の高いビタミンEにより、細胞の老化を防ぎます。
ゴマはゴマ油を作れるほど脂質を豊富に含んでいますが、良質な脂質なので適量であれば摂取することで美容に貢献します。
黒ゴマに含まれるオレイン酸やリノール酸は、便秘を解消したりコレステロール値を下げたりします。
肌に対しては保湿や抗炎症作用があります。
白ゴマと違って黒ゴマにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが多いので、美白だけでなく疲れ目や生活習慣病の予防にも効果的です。
そのまま食べると、栄養素が皮に覆われているので効果が十分に発揮できません。
消化や吸収を良くするには、練りゴマや擦りゴマにして食べるのが良いです。
これらはたくさんの黒ゴマを一気に食べることができます。
ただし擦りごまは表面積が大きくなった分、酸化の影響を受けやすいので自宅で作った時はなるべく早めに食べ終わります。
ゴマは加熱した方が抗酸化作用が高まるので、美白を保ちたい人は調理方法にも工夫が必要です。