手の美白は紫外線を防いだ期間が決める

紫外線

常に人の目につく体の部分といえば、顔と思いがちですが、実は手です。
特に接客業の人はそれを強く感じていることでしょう。
人前に頻繁に手をさらすことになる仕事の女性は、手のネイルにこだわると共に、手の美白にこだわっています。
長い期間、春、夏の紫外線を浴びてしまった手は、かなり焼けてしまっており、美白するにも時間がかかります。
しかし、あきらめることはありません。
気づいたら、今からでも外出時には手袋、帽子、日傘、サングラス、マフラーなどでしっかり紫外線を予防することです。
紫外線は目からも入り込みます。
ですから、サングラスも必要です。
綺麗な白い手をしている女性に聞いてみてください。
彼女たちは決まって、特別な美白ケアをしているわけではなく、外出時に手袋をして長い期間紫外線をカットしているのです。
50代できれいな肌をしている人は、20代からそうしたことに気を付けています。
つまり、実に長い期間にわたって、お金のかからない美白ケアをしていることになります。
こうして紫外線から肌を保護することは、シワのないつるっとした肌になり、透明感も増します。
美白ケアには根気が必要です。
昨日今日始めてすぐに美しい肌になるというのは無理があります。
こうしたときには、皮膚科専門医、美容専門のクリニックを訪ねるのもよいでしょう。
高濃度のビタミンなどを含有したクリームや、化粧水などをパッティングすることで、美白のスピードが速まり、満足する結果が得られます。
また、皮膚科に併設されたエステなど、力強い味方になります。
そこまで時間とお金をかけられない人は、ドラッグストアなどで薬品会社が出しているシミクリームを頼るのもよいでしょう。